デザインとビジネス・社会

デザインとビジネスの微妙な関係【DFI2017より】(Jun 7, 2017)

 designとDesign、DESIGN、さらにはDE$IGN(!)。大文字と小文字という表現でデザインにメタ構造を持ち込むのはちょっとした流行ですが、分かりやすくまとめられています。

 しかし「経営にデザインを取り込む」というのは、いかにもデザイナー側の発想で、「知らないうちに経営にデザインが取り込まれていた」というくらい内部に潜伏するのが、現代のデザイナーの在り方です。最近は「デザイン」とは名付けない方が、その真意は伝わるんじゃないかとすら思います。

 デザインとは何より「実用」という概念であり、そのための「設計」です。その範疇にビジネスがある。ビジネスという観点からのみデザインを論じるのは、視野を狭くしてしまいます。アートへの関わりも概ねビジネスですが、だからといってビジネスがデザインの本質ではありません。同時に、一部の人々に共有されるだけの実験にも価値はないのです。

デザインの社会性

 下記リンクは、台湾の学生が河川の水で作ったアイスから汚染状況がわかるというプロジェクトです。
「河川の水で作ったアイス」水質汚染を訴えるプロジェクトが注目を集める(Jun 7, 2017)

 日本のデザインには、こういった批判的思考が乏しく、端的に言って誰かの「耳に痛いこと」をクリエイティブで主張するリテラシーがない。デザインには、どうしてもお菓子的、文化的エンターテイメントのイメージがつきまといます。甘味料や嗜好品としてのクリエイティブ(スィーツ・クリエイティブ?)ですね。

 これはアートにも言えることですが、「アートは自己表現であり、他者にとってはお金を払って愉しむ娯楽」「デザインは娯楽性を利用して、経済効果をもたらす」と認識され、それぞれの本質的な「社会をより良くする力」は見過ごされがちです。

 日本はデザインとアートのイメージが繋がりすぎているのですが、その双方が誤解されています。デザイナーですら「アートは自己表現」といった理解を超えておらず、結果としてアートとデザインの曖昧な境界線上で、どちらつかずのところにいます。「デザインはアートではない」とはよく聞く言葉(反対に「アートはデザインではない」とは言いません)ですが、それはデザインとアート双方に対する深い理解を前提とすべきであるにも関わらず、多くは片手落ちとなっています。

 デザインでもアートでもない曖昧なイメージは、その時々で都合よく消費されるだけです。日本にはリアリズムとしてのクリエイティブという文化がないのが、医療とデザインの関わりにおいても、問題を難しくしています。