医療従事者に従事するデザイン会社

 ピージーは医療分野を専門としたデザイン+コンサルティング会社です。

 医療用医薬品のコミュニケーションに携わるデザインから医学書・専門誌のアートディレクション、病院や教育機関の情報設計・ブランディングまで新しい領域を切り開くため汗と泥にまみれる会社です。

 近年、デザインはテクノロジーの進歩や教育の成果もあり、大きな進歩を遂げ、高い完成度と洗練された表現を獲得しました。

 その反面、既存のデザインの焼き直しが繰り返され(リデザインが斬新な発想のように?扱われ)、デザインのためのデザインのような自己模倣的な表現か、好事家に向けて中身がない表面的な意匠をあつらえることがデザインの本質であるかのように扱われています。今時のデザイナーが得意とすることは、物事をゼロから作り上げるようなイノベーション(innovation)ではなく、外側のお仕着せを替えるだけの悪しきリノベーション(renovation)なのです。

 原義的にはどちらも重要なことですが、本来デザイナーに期待されるイノベーションは、デザイナー以外から起こっています。「本を読まなくなった」「テレビがつまらなくなった」ことと同じように、広告やグラフィックはつまらなくなった、もう時代遅れだと考えている方も多くいます。

 それはネットやスマートフォン、SNSなどチャンネルの多様化が原因ではありません。無思考のまま与えられた制度を受け入れ、無批判的に経済的な効率のみ目指し、ただ技術的に洗練することにのみ力を注いだ作り手から、周囲に影響を及ぼし、物事を変えていく力――アイディアと創造性が失われたからです。

 本を読まなくなったのは面白い本がないからで、テレビを観ないのはただ単に番組がつまらないからです。結局モノづくりに携わっている人々に新しい困難への挑戦がなくなったのです。昨今のデザインは誰かが作ったコンセプトに便乗することが当たり前で、イノベーションではなく悪しきリノベーション志向が蔓延しています。

 進歩を加速させるテクノロジーや利便性の追求だけが、イノベーションではありません。ピージーはまだ見たことがない医療とデザインの新しい関係を構築し、クライアントと共に広く社会に貢献できる可能性を模索します。医療に関わる情報を、医師など医療従事者から広く一般社会に対してまで、より正確に、よりわかりやすく伝える情報設計をすること。目の前の問題に対処するデザインを提案すること。実践的であること。困難な状況にある人が希望を感じる新しさがあること。

 タフな仕事ですが、本質を見つめず小綺麗な広告やバナーをクリックさせる仕組みばかり考えているよりは少しだけ、世界を変えるのに近いかもしれません。そう考えると、ちょっとワクワクしませんか^_^